NeRoLi

-Dessert Flower CaFe BaR-

2016/01/16

下北カフェ発信 代表的なハーブの働きNo,12<マリーゴールド(カレンデュラ)>

マリーゴールド(カレンデュラ)

[消化器系や婦人科系の不調を緩和、風邪やインフルエンザの予防にも]

 

マリーゴールド

 

古代エジプトでは若返りの薬として、また移動民族の万能薬として、

利用されていました。ティーは、美しい黄金色が特徴です。

抗炎症の働きが、胃粘膜の炎症を抑え、胃潰瘍等の症状を緩和します。

利尿、解毒、発汗を促し、毒素の排出をしてくれます。

熱風邪やインフルエンザの季節には、予防を兼ね飲んでおくとよいです。

 

[マリーゴールド(カレンデュラ)の歴史]

 

・古代ギリシャ,ローマ時代から料理や薬用ハーブとして親しまれていました。

 

・(神話)クリムノンという少年は、太陽神であるアポロンをと毎日会えるので幸せでした。
 二人の仲を嫉妬した雲の神が、アポロンを8日間雲の中に閉じ込め、

 クリムノンに会わせなかったのです。
 アポロンに会えない悲しみで、クリムノンは死んでしまいました。
 彼を待ち焦がれながら死んでいった少年の悲しみを悼み、アポロンは

 クリムノンをカレンデュラの花に変えたそうです。
 花言葉の「悲痛・悲嘆・別れを悲しむ」は、ここから来ていると言われています。
・ヨーロッパでは 古くから食用や薬用(虫さされの薬)に使われてきました。

 また、サフランの代わりに、着色料や髪を染めるのにも使用されていました。

 

 

[主な作用] 防腐、収れん、抗ウイルス、抗痙攣、ホルモンバランス、

      抗炎症、発汗、解毒、利尿

[香りと味] 美しい黄金色、摘みたての花の香り。くせのない味。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NeRoLi herb
住所:東京都世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢Ⅱビル3F
TEL:03-5432-9265
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇