NeRoLi

-Dessert Flower CaFe BaR-

2016/01/14

下北カフェ発信 代表的なハーブの働きNo,10<ローズヒップ>

-ローズヒップ-

[豊富なビタミンCで肌荒れシミ・シワを防ぎ 風邪の防止や目の疲れを緩和]

 

ローズヒップ

 

 ローズヒップは、ワイルドドッグローズからとれる赤い実です。

 ビタミンA・B・C・D・E・K等を豊富に含む為

「ビタミンの爆弾」と呼ばれていたりします。

特にビタミンCは、レモンの約10倍以上含まれています。

疲れた時や紫外線が気になる時、 タバコやアルコールを好む人は、

ローズヒップティーを飲みましょう。メラニン色素の生成を防いで、

シミを予防する効果も期待できます。さらに、毛細血管を丈夫にし、

コラーゲンの生成にも関係するので、肌の弾力を保つように働きます。

風邪や貧血の予防、目の疲れを緩和したい時にも役立ちます。

 

 

 [ローズヒップの歴史]

・ローズヒップの薬効、美容効果は古くから記録され、ローマ時代の書物に

 その名が発見されている。昔から観賞用のバラとは区別され、

 下痢止めなどの薬効として知られてきた。
・現在もチリでは、皮膚病や火傷など皮膚の治療薬に、

 その他の国でも、ストレスの緩和や肺の病気にも役立つとされ、

 中国でも金桜子(きんおうし)ナニワイバラ(Rosa laevigata Michx.)の名で

 腎臓や泌尿器の不調、強壮剤として用いられています。
・もともとヨーロッパに自生する野バラで古来から身近な果実として親しまれていました。
 その野バラの種類が大航海時代にスペイン人たちによって、新大陸にもたらされ、

 それがアンデスで定着し自生したものが、現在、美容液としての

 ローズヒップオイルの原料となっているわけです。
 つまりローズヒップの原料となっているアンデスの野バラは、

 厳密にはチリ原産のバラではなく、帰化植物のようです。

 

 

[主な作用] 利尿、綴下、収れん、保湿

[香りと味] フルーティーで甘い香り、ほどよい酸味

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NeRoLi herb
住所:東京都世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢Ⅱビル3F
TEL:03-5432-9265
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/01/13

下北カフェ発信 代表的なハーブの働きNo,09<ローズマリー>

ローズマリー

[若返りのハーブ]

 

ローズマリー

 

古代から若さを保つ為の薬草や香水などに利用されてきました。

ローズマリーは海辺に生息し、波しぶきのような色と形の花を咲かせます。

この名がラテン語の「海のしずく」という言葉に由来しています。

和名は、万年朗と呼び、永遠の青年という意味で名付けられたそうです。

目が覚めるような刺激的な味と香りが特徴的です。

ローズマリーティーは、血行を促して代謝を活発にして

血管を強くする働きがあります。 また、心身の疲労を癒やし、

脳を活性化させ、記憶力や集中力を高める働きもあると言われています。

殺菌、消化作用に優れ、風邪や頭痛、消化不良の緩和にも役立ちます。

 

 

 

 [主な作用] 抗酸化作用、肥満予防、血行促進作用、消化促進、うつ病予防、

         肩こり、更年期障害 、低血圧予防、肝臓不調改善、関節炎改善

 

[香りと味] 目が覚めるような刺激的な香り,くせが少なく飲みやすい,

      かすかな苦みがあります。  

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NeRoLi herb
住所:東京都世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢Ⅱビル3F
TEL:03-5432-9265
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/01/11

下北カフェ発信 代表的なハーブの働きNo,08<ローズレッド>

-ローズレッド-

[花の女王は、若返りの薬]

ローズ

 

「花の女王」と讃えられるにふさわしい、甘く上品な香りのローズ。

肌を若々しく保つ働きがあり「若返りの薬」として珍重され、

クレオパトラも美しさを磨く為、お風呂をローズの花で満たしていたと言われています。

疲れている時や気分が落ち込んでいる時におすすめです。

過敏な神経をやさしく鎮めて、明るく前向きな気持ちにさせてくれます。

また、生理痛や生理不順、不妊にも有効。そのほか、肝臓や胃腸の疲れ、

熱を伴う風邪、便秘、下痢、むくみなど、 様々な症状に有効な働きを持ちます。

 

 

[ローズの歴史]

・クレタ島の壁画(3000-1100/紀元前)バビロニアの叙事詩(2000/紀元前

 ギリシャの史家ヘロドトスの著書〔歴史〕(400/紀元前)哲学者テオフラストスの

 植物誌(300BC)など、 紀元前に登場している。
・クレオパトラや皇帝ネロも沢山の花びらを宮殿の床に敷きつめたり、

 ネットにいれて天井から吊したり、お風呂に浮かべて楽しむなど、

 贅沢な使い方をしたことが知られています。
・バラの栽培史については紀元前500年頃に、

 古代中国の宮殿(周王朝)の庭で栽培されたのがもっとも
 古い記録だとされています。ギリシャでも紀元前後に栽培されはじめたらしいのですが、
 一般化してきたのは3世紀のローマ帝国時代以降といわれています。
・ローマ帝国の崩壊とともにバラの栄華も一時は衰えましたが、やがて7世紀中期に

 サラセン帝国の隆盛をみるに及んで、バラは南欧スペインまで到達することになりました。

 バラの東西交流に果たした十字軍の役割も極めて大きかったといわれています。

 十字軍は11世紀から13世紀の間に7回も遠征したのですが、

 東方からの帰りにバラの新種を西ヨーロッパに持ち帰って広めたと言われています。
・バラが芸術品のモチーフとして頻繁に登場するようになったのは14世紀以降、イタリアの
 ルネッサンス期から後の事で、この頃からヨーロッパにおけるバラの栽培も盛んになってきました。
 バラの発展に偉大な貢献を果たしたのは、ナポレオンの第一妃ジョセフィーヌ(Josefine)です。
 彼女は1802年にマルメゾン離宮にバラ園を作り、世界から集めた珍しいバラを栽培しました。
  花だけでなく樹全体を鑑賞の対象にしました。ジョセフィーヌは1814年に亡くなりましたが、

 彼女のコレクションは250種類にも達していました。
 とても幸運なことですが、この大コレクションの多くは図譜として私たちに残されているのです。
 さらに、特筆すべきことですが、このバラ園で働いていたA.デュポンが世界で初めて

 人工交雑によって新しいバラを作出しました。
 近縁種間の交雑によって花形、色、香り、四季咲き性などバラの遺伝的な性質に革命的な変化が
 生じた為、この時期よりも前のバラを「オールドローズ」、

 それ以後のバラを「モダンローズ」と称することになりました。

 

[主な作用] 鎮静、強壮、強肝、強肺、解毒、緩下、殺菌、収れん、神経強壮

[香りと味] 甘く上品な香り。さっぱりとしたくせのない味。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NeRoLi herb
住所:東京都世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢Ⅱビル3F
TEL:03-5432-9265
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/01/10

下北カフェ発信 代表的なハーブの働きNo,07<レモングラス>

-レモングラス-

レモングラス

 

東南アジア等のエスニック料理には欠かせないハーブです。

カレー料理やスープやソースなどの香り付けに使われます。

肉や魚料理で食材の臭み消し、柑橘系の香りをつけてくれます。

インドでは数千年前から、感染症や熱病の際に利用されてきました。

中国では、全草を下痢、はしか、喉の痛み、頭痛などに使われています。

また、胃の働きを刺激して消化を促す効果や貧血予防の働きもあります。

レモングラスという名前の通り、レモンに似たさわやかな香りがします。

 

 

<レモングラスの歴史>

・インド発祥のアーユルヴェーダでは、冷やすハーブと呼ばれ、

 感染症や熱病の治療薬として数千年前から利用されてきました。
・1786年には、リチャード・バンクス卿によってイギリスに伝来し、

 1914年(大正3年)には、日本でも温室栽培されていたと言われています。

 

[主な作用] 殺菌作用、健胃、消化促進、貧血予防

[香りと味] わずかに酸味のあるレモンの味

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NeRoLi herb
住所:東京都世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢Ⅱビル3F
TEL:03-5432-9265
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/01/09

PRESS情報★

PR兼植物療法お勉強中のM香です。

ご挨拶がとても遅くなってしまいました、、

あけましておめでとうございます。

本年もNeRoLi herbをどうぞよろしくお願いいたします。

新たな1年、楽しくハーブドリンクやフードを楽しみにきてくださる方に向けてはもちろん、

体調にお困りの方のお役に立てるようにも、スタッフ一同努力して参ります。

さて!

年末と新年早々、有難いことに2つの雑誌でNeRoLi herbを取り上げていただきました。

ご紹介いただいたのは・・・

otona MUSE 2月号&1/6発売のananです!!

IMG_9906

IMG_9907

★otona MUSE★

梨花さんが専属モデルを務めるotona MUSE!

私も愛読しているotona MUSE が、NeRoLi herbのデビュー雑誌となりました★

ありがたいです。

otonaMUSEご紹介いただいたのは

女性に欠かせない人気ブレンドの2つ。

●美肌・アンチエイジングブレンド

DSC00061

●ホルモンバランスブレンド

DSC00054

★anan 1/6発売★

そして嵐 相葉雅紀さんが素敵な表紙♡な

ananでは、ワインを入れてハーブワインとしてお楽しみいただく

Cocktail Flower Herbをご紹介いただきました^^

DSC00027_mini

 

植物療法に欠かせない、”ハーブをお酒につける”ということを

とっても!わかりやすくご紹介いただいています。

 

ハーブには水やお湯でも抽出できる「水溶性成分」と、

アルコールやお酢で抽出できる「脂溶性成分」があります。

 

ワインを入れることによって、

ハーブの持っているすべての成分を、

しかも美味しくカラダに取り入れられるのが

Cocktail Flower Herbの優れた愛されポイント。

 

美味しいのにカラダに良い。

悪酔いしない。など。

嬉しいですよね^^

 

今回ご紹介いただいたのは、

Desert Flowerの「オレンジ&フラワージャスミン」が

入ったCocktail Flower Herb

 

リラックス効果に優れて、

ココロを穏やかにする効果が★

 

そして・・・

雑誌を見た方や、下北沢がちょっと遠くてなかなか行けない・・・というお声をいただき、

今月からWEBでも商品をご購入いただけるようになります★★

 

↑大切なお知らせなので大きくしてみました♡笑

 

また改めてお知らせいたしますね。

 

お楽しみに★

 

最後になりましたが、

改めまして本年もNeRoLi herbをよろしくお願いいたします。

 

皆さまにとっても、ココロもカラダも、

幸せな素晴らしい1年になりますように^^

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NeRoLi herb
住所:東京都世田谷区北沢2-1-7
ハウジング北沢Ⅱビル3F
TEL:03-5432-9265
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

下北沢のNeRoLiには、医療業界でも注目のメディカル・ハーブがございます

ハーブをはじめとする植物の中には、病気や怪我を治療する力を持ったものが多く存在します。こうした植物の力を利用した治療法は、「ハーブ療法」として世界各地の伝統医学や民間療法の現場においても広く普及しています。下北沢のカフェ・バーNeRoLiでは、お客様がお悩みの症状に合わせてハーブをブレンドさせていただきます。
不眠、生活習慣病、運動不足など、不規則な生活や精神的ストレスが原因となる症状には、メディカル・ハーブを利用したハーブ療法がお勧めです。ハーブ療法やハーブブレンドには様々な種類がございますので、まずはお気軽にカフェ&バーNeRoLiまでご相談ください。