NeRoLi

-Dessert Flower CaFe BaR-

「ハーブとは?」

現在では、広い意味で冬に枯れる一年草を中心に銀杏やさんざしのような樹木や低灌木など、
体に取り入れて薬効のある植物は全てハーブと定義づけられているようです。
その内一部の植物に薬効が認められるものがある事については、世界各地に伝承されている数多くの伝統医学や民間療法で証明されており、
現代医学にも大きく貢献し、その効能が広く活用されています。これらの乾燥させたハーブは、「メディカル・ハーブ」と呼ばれています。

ハーブ療法とは、植物のもつ力で人の持つ自然治癒力を整え病気を防ぐものです。
心身を鎮静させ、緊張を解きほぐし、イライラを鎮めバランスを整える働きがあります。
生きた植物の成分は化学的に合成された薬よりも人体組織に容易に消化吸収され、
人間が本来持っている順応力を引き出して自然治癒力を高めてくれます。
人類がハーブに傷や病気を治す薬としての価値を見出したのは、紀元前五千年よりも前といわれています。
エジプトのミイラと一緒に発見された「エーベルス・パピルス」は、紀元前1500年頃のもので、生薬の処方や病気の処置法などが示されています。
その記述から、ミイラ作りに使われた没薬(ミルラ、オレガノ・ジュニパー・コリアンダー・乳香)などが当時利用されていた事を知る事が出来ます。

ハーブを学問として体系化したのが、医学・薬学の祖といわれるヒポクラテス。その著書には、ハーブの抽出液の利用方法や、
「自然は病気の医者である」「薬草と新鮮な空気、休養、そして適切な食事が生命力を助け、健康をもたらす」などの記述があるそうです。
紀元前一世紀頃には、有名な皇帝ネロの侍医だったディオスコリデスが「マテリア・メディカ」を著しました。
当時使用されていた約600種のハーブについて、効能などを細かく記した薬物書で、その後何世紀にも渡り、薬学・医学の基礎を築きました。
紀元前に始まっていたハーブによる植物療法は、近代までインドのアーユルベーダや中国の漢方などの伝統医療として、
また民間療法として受け継がれてきました。その後近代医学が台頭すると、それまで主流の植物療法から化学療法へと移行します。

しかしまた最近では、健康維持の為にハーブを生活に取り入れる人も増えています。
予防医学への関心の高まりと共に、ハーブを利用した健康づくりも注目されています。

「ハーブは良質な薬です」

漢方の基本理念では、人間の中でバランスの崩れや歪みが生じた時に、病気という形で現れると言われており、
ヨーロッパのハーブ療法では、「ハーブは人間を治すのであって、病気を治すのではない」と考えられています。」

様々な心身の状態に適したハーブを単品もしくは複数のハーブを組み合わせて利用し、心と体のバランスを整える事で自己治癒力を高め、
生活の不摂生や栄養不足、運動不足、ストレスなどが原因となって起こる現代病は、予防、改善が行えます。

「健康増進のために効果的な摂取方法はハーブティーです。」

ハーブから薬効を有効に摂取する為には、日常生活の中に取り入れ継続する事です。
ハーブに含まれる『タンニン、フラボノイド』といった抗酸化成分は、通常セルロース(繊維質)で出来た植物細胞の中に閉じ込められていますが、
ハーブティーとして加熱することによって初めて溶け出します。抗酸化物質は、すりつぶした物より煮汁の方が10~100倍も強いと言われています。

「ハーブティーとして加熱してハーブを摂取することは、非常に有効な方法です。」

お洒落なバーでハーブをもっと生活に取り入れるご提案をしております

下北沢にあるNeRoLiは、現代人の様々なお体の不調やストレスを緩和するリラックス空間を目指し、ハーブを中心としたメニューをご提供しています。お洒落な雰囲気の中、オリジナルブレンドのハーブティーを楽しめます。
NeRoLiは26時まで営業するバータイムもあるカフェですが、お体の健康や美肌作りに役立つことをモットーとしています。体調が悪いときに飲むお薬には化学的に作られた薬と、天然成分を使った生薬がありますが、当店でお試しいただけるハーブは東洋の漢方薬と並ぶ生薬にあたります。
日本人には漢方薬ほど馴染みがないものの、最近は女性を中心に少しずつ毎日の健康や美肌作りのために取り入れられています。バーカウンターもあってお洒落なNeRoLiで、ぜひ一度お試しください。